ベランダ&バルコニー用タイルの種類と施工

ベランダバルコニータイルを使う

<strong>タイル</strong>の<strong>デザイン</strong>例マンションのベランダバルコニーで使用するタイルは、基本的には並べて置くだけです。非常に簡単で、早い人なら1日で終わります。でも置くだけでは直ぐにずれてしまうのではと思われる方もおられるかもしれませんが、タイルの裏側には特殊な樹脂製の止め具が付いており、隣どおし連結ができるようになっているためずれないのです。ベランダバルコニーの隅や端は、タイルが思うように詰まらず隙間があいてしまいますが、調整部材なるものがあり、これを隙間に合わせて切断して敷き詰めることができます。これも面倒な人は、化粧砂利などで隙間を埋めればきれいに仕上がります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイル敷きの手順

タイル何枚いる!(タイルを購入する前に)

マンションの間取図から、ベランダバルコニーの部分を拡大コピーして、実際の寸法を計測して図面(拡大コピー)に書き込みます。図面上の同じ部分を定規で計測すれば、この図面の縮尺がわかります。
縮尺=(図面上の長さmm)÷(実際の長さmm)
例えば30cm角のタイルの場合は、300mm×縮尺で図面上の寸法を計算できます。この寸法でトレーシングペーパー(半透明の紙)などに方眼を作成して、ベランダバルコニーの拡大図面に被せて、どのように敷き詰めれば合理的かを検討しましょう。敷き方が決まったら、方眼の数(下図の彩色された部分)を数えれば必要なタイル枚数が確認できます。

<strong>タイル</strong><strong>デザイン</strong>エリア

ただし、この段階では、床のデザインが決まっていることが前提です。

タイル敷きのデザインはどうすんの!

上図の彩色された部分について、どんなタイルをどんな風に敷くのかをデザインすればいいのです。
タイルは基本的には、大きさは概ね30×30cmで、目地の入り方で下図のような種類に分かれます。大きさはどれも同じです。ただ、目地が入っている部分は、カッターなどで切断することができます。

<strong>タイル</strong>の種類

これらのタイルの組み合わせと、色目の違ったタイルの組み合わせで自分好みのデザインにしてください。タイル敷きのデザインサンプルを参考にしてください。

タイルを並べてみる

注文したタイルが届いたら、早速、デザイン図面を元にベランダバルコニーに並べて見ましょう。間違いなく敷けることが確認できたら、タイルタイルを連結しましょう。連結の際には、樹脂製のフックをしっかりと止めますが、タイル間やタイルと壁との間隔は少し余裕を持たせて隙間(2〜3mm)を空けましょう。伸縮による割れを防ぐためです。

タイルが入らない隙間はどうする


<strong>タイル</strong>隙間処理
壁との隙間や、室外機等が置かれている部分は調整材を使ったり、化粧砂利を敷いたりするときれいに仕上がります。また、目地入りのタイルは、目地部分をカッターで切り離して敷くことができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイルを使った床のデザイン一覧を見る

<関連記事>
あなたならどんな風に使いますか?
ベランダバルコニーは共用部分であり自分のものではない
元通りに復元でき本来の機能を阻害しないのが基本条件
ベランダバルコニーDIYは超簡単
ベランダバルコニーの基本アイテムは?
ベランダバルコニーの許容重量について
ベランダバルコニーの各部位をよく観察しましょう
ベランダバルコニーの条件を確認してデザインに生かす
コンクリート床に重たいものを置いても平気?
排水溝が詰まってませんか?
避難用の経路だったとは!
生活の幅が広がるもう一つのリビング(アウトドアリビング)
雨の影響
虫とか鳥の襲来もあり
ベランダバルコニーの掃除は結構大変!
素足でも出られるようにしたい
管理規約をもう一度確認
ベランダバルコニー用ウッドデッキパネルの種類と施工
ウッドデッキパネルを使った床のデザイン
ベランダバルコニーで使う化粧砂利
素敵なファニチャーをピックアップ
ベランダバルコニーで使える日よけグッズをピックアップ


【大型通販サイトで検索してみる】
まずは Yahoo!ショッピング通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは Amazon.co.jp通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは あきらめないで 辛抱強く 楽天市場通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは 自分でDIYしましょ!!

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。