暑く寒く乾くおまけに風もきつい

マンションのベランダバルコニー気候は、地上と比べるとかなり差があります。階層が上がるほどその差は顕著になります。

特に、ガーデニングを楽しもうと思っている人は、自分のマンションのベランダバルコニー気候の特徴を良く把握しておく必要があります。

地上とベランダバルコニー気候の簡単な比較表を作成しましたので参考にしてみてください。

場所 暑さ 寒さ 日当り 乾燥
地上 普通 普通 普通 適度 適度
ベランダバルコニー 暑い 温い 方位 乾く
屋上やルーフバルコニー 酷暑 寒い 乾く 烈風 適度
                  注)方位:向きにより異なる

この表からも、地上に比べるとベランダバルコニー気候はやや過酷であることがわかります。

でも、屋上やルーフバルコニーはもっと過酷であることもわかります。

ベランダバルコニーでは、真夏には40℃を超えることもあるため、植物などを置いている場合はなんらかの対策が必要です。

また、適度な風は暑さを和らげ、植物の蒸散作用を促進し、病虫害の発生を抑制しますが、強風は、乾燥を速め、植物の枝葉の接触等により、生育を阻害します。

風は上層階にいくほど強くなる傾向があり、10階を越えると常に風が吹く状態になるといわれています。

風の強さは地上と比較した場合、高さ10m(概ね3階)で約2倍、高さ20m(概ね7階)で約2.5倍、高さ30m(概ね10階)で約3倍といわれています。

ただし、近くに同じような高層階の建物(別棟)などがあると、ビル風谷風が発生して、低層階も強い風にさらされることがあります。

コンクリート製の手摺 気温や風は、ベランダバルコニーの形状によっても差があり、密閉度の高いコンクリート製の手摺では、熱気がこもり気温が急上昇しますし、そこにエアコン室外機からの排気が加わると、熱風地獄と化し、ほとんどの生物が死に絶えます。

寒さについては、ベランダバルコニーは一般的にはリビング・ダイニングルームに隣接しているため、室内の暖気が伝わり暖かく、特に手摺がコンクリート製の場合は、保温効果が強く、生物が越冬しやすい環境になります。

冬場になどが降りることもほとんどありません。逆に、夜間にがつかないため、乾燥がいっそう促進されてしまいます。

○暑さ対策


・シェードや日除けの設置。遮光ネット(カーテン)の設置。

日よけスクリーン&ブラインド
約幅200×高さ200〜300cm(つっぱり式)。
シェードオーニングバルコニー
春の紫外線や夏の暑さ、ベランダの照り返しを抑え、バルコニーを快適に! UVカットの日よけ。
アサガオの緑のカーテン ベランダ目隠しネット 80×180cm
屋外からの視線をやさしくさえぎります。お子様がオモチャなどを落とすのを防ぎます。強風をやわらげ、雨の吹き込みをおさえます。大切な草花を暑い日ざしから守ります。メッシュになっていますのである程度、風を通します。完全に見えなくなる訳でなく、ある程度透けます。ベランダに取り付ける場合は、安全性をお確かめの上、固定式のベランダに取り付けて下さい。
緑のカーテン [立掛けタイプ]
サイズ:幅80cm×高2.4m ネット目合い:10cm
断熱ミラー レースの日よけ
ベランダ、軒先に設置するだけで、お部屋の温度上昇を抑え、冷房効率がアップ!特殊機能素材「ユニチカ、サラクール」を使用。光の乱反射により視線を遮りことにより目隠し効果を発揮する。
シェードと手摺目隠し
クールシェード ブラッシュウッド
上品なイメージ。夏の暑い日ざしを和らげて心地よい風を運んでくれます。 軒先に吊り下げたり、ベランダのフェンスに取り付けて周囲の視線を遮る効果もあります。縦・横どちらでも使用できます。汚れても水洗いできますのでいつでも快適にご使用になれます。


・つる植物をトレリスなどに絡ませてグリーンカーテンの日陰をつくる。

(トケイソウ、スイカズラ、カロライナジャスミン、ツルハナナス等)
ツル植物でグリーンカーテン

・コンクリート床をウッドデッキパネルやスノコ、タイルなどで覆う。

エコバン ジョイントパネル ベランダに最適
半永久的に腐らないデッキパネルです。粉末化した天然竹とプラスティックを混合加熱加圧成形した素材です。環境に優しい新しい合成素材です。冬場の冷たさ、夏場の暑さを感じません。
様々なデッキパネル
コンクリート部の老化を防ぐとともに、コンクリートによる日光の強い照り返しなどによる植物やプランターの温度上昇を抑える効果もあります。

ウッドパネルデザイン例

・鉢などはコンクリート床に直接置かず、スノコやレンガ、花台などの上に置く。

タイルデッキシステム材保水タイプ 打ち水をすると水を一定時間キープする機能あり。その水の気化熱により、床面の温度上昇を自然に抑えて涼しくしてくれる。部屋のエアコン効率もあがって涼しさが違う!

・植物に直射日光を当てない。エアコンの排気を避ける。


・夏は打ち水をする。水たまりができない程度に。


○寒さ対策


・植物は、夜間にはビニール、発砲スチロール、ダンボール箱(通気の穴必要)で覆い、日中ははずす。室内に入れる。


・ワーディアンケース(寒さや乾燥から植物を守るために入れるガラスやプラスチックのケース)に入れる。ワードという人が造った温室のこと。

ビニール温室
ベランダ、テラス、玄関前などの空間を有効利用、冬場の保温アイテムです。大事な花、観葉植物などを寒さから守る。冬場のの寒い時期はビニールハウス(温室)として、温かくなれば、ビニールを取ってフラワースタンドとしても活用できます。
木製温室
軒下やベランダなどでのよけに最適な木製温室です。春先には挿し木・種まき・育苗用のハウスとしてもお使いいただけます。窓はポリカーボネート製。また、保温性・保湿性に優れた構造です。サイズ(約)/外寸/幅100×奥行65×高さ40cm
IKEA温室.jpg IKEA SOCKER 温室
温室の空気を入れ替えたり、温度を下げたいときは、屋根を半開きにしたまま固定できます。サイズ/W45×D22×H35cm
小型室内用温室各種
前面の引き違い戸と、上部天板が開閉して、鉢の出し入れ等の作業がしやすいもの。折りたためるものもあり、移動等が楽です。
プランツケージ.jpg プランツケージ 小さな木製の白いハウス型の容器で、ガラスがはめ込んであります。鉢花や観葉植物を入れて、観賞用兼冬場の植物のちょっとした風よけや霜よけなどに利用できる。キャンドルランタンとしてご利用することも可能。



寒い季節の必需品!!【室内温室セット】
温室の冬用ヒーターおよび換気扇。加湿機能付きです。ヒーターや換気扇などの作動温度をコントロールできます。換気扇は急激な温度上昇による高温障害から大切な植物を守る温室栽培の必需品です。

・寒さに弱い植物は、二重の鉢に入れる。

苗帽子
よけカバー各種。

・鉢の株元の地表面をマルチング(覆って保護する)します。


マルチング材 マルチング材としてはバークチップ(木の樹皮を砕いたもの)やわら等を使用。




・縦格子状の手摺の場合は、風を通しにくいシートなどを取り付ける。


○風対策


・手摺部分(縦格子状)に暴風ネットを張る。鉢などをアンカーやワイヤーで固定する。

image/749303.jpg
ルーバーラティス
周囲からの視線を遮り、同時に通気性も確保できるでルーバーラティス。見られたくない場所の目隠し・日よけ・風除けのほか防犯対策にも役立ちます。人工木だと耐久性があり、長持ちする。


・台風や強風が予想される場合は、前もって、隅の方にすべてのものを寄せて、ネット等で覆い縛るか、室内に移動。


・背丈のあまり高くなく、風に強い植物(セダム類、ハーブ類、カランコエ、オリーブ等)を選ぶ。鉢をハンギングするのはやめる。


・角部屋などの回廊式のベランダバルコニーでは、その角の部分についたて状の風除けを立てる。


・デッキパネルやタイルを敷いている場合は、床との隙間に風が入り込まないように端部を塞ぐ。

バーセアスロープ材 TOTO BASEA 幅調整材 スロープ材 飛散防止ユニット





<関連記事>
ベランダ&バルコニーの日照・風・水はけについて
ベランダ&バルコニーにおける植物のメンテナンス
いろいろな手摺の形があるけど何が違うの?
洗濯物を干すという大事なお役目がある
使い方次第ではただの物置(ゴミ置場)にもなってしまう
生活の幅が広がるもう一つのリビング(アウトドアリビング)
向き、時間、場所によりづいぶん差がある日照
お肌の大敵は紫外線
どんな植物を選んだらいいのかな?
どんな植え方や飾り方があるんだろうか?
強風・暑さ・寒さは植物にとっては苦手
素足でも出られるようにしたい

【大型通販サイトで検索してみる】
まずは Yahoo!ショッピング通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは Amazon.co.jp通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは あきらめないで 辛抱強く 楽天市場通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは 自分でDIYしましょ!!

posted by 万里紅葉 | 悩み&疑問すべて解決>環境編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。