人間も植物も水がないと生きられない

一般的な地植えの庭では、よっぽど雨が降らない日が続かないかぎり、水遣りをやらなくても植物が枯れてしまうことは少ないです。

しかし、マンションのベランダバルコニーのようなコンテナガーデンでは、コンテナ内の土壌に保持されている水分は短期間で蒸発してしまうため、植物は萎れ、枯死につながります。
ブリキのバケツとポット
とはいえ毎日、少しずつ水を与え続けると、植物の根は地表面に集まり、下部は乾燥したままの状態になり、少しでも水遣りを怠ると直ぐに枯れてしまいます。

水遣りは、日をあけてコンテナの土の表面が乾いてきたら、水が底からにじみ出るまでたっぷりと与える方が効果的です。

また、水遣りの時間帯は、昼間を避けて朝おこなう方が望ましいでしょう。

夕方の水遣りは植物が良く伸びますが、ベランダバルコニーではあまり植物が徒長しても困るため差し控えた方が無難です。 アニマル蛇口水栓 特に、冬場は、夕方に水を与えると、寒い日などは凍結する恐れがあります。

旅行などで長期間留守にする場合の水遣りはどうすればいいのでしょう。

植物を枯らしてしまうタイミングは、夏の盛り(お盆)のころに海外旅行に行ったり、里帰りをしたりして、家に帰って来ると、ベランダバルコニーの植物が全滅していたというような事件がよく勃発します。

○夏場、留守中の水遣りはどうする。

コンテナをなるべく日陰に置き、大きな平たい容器に水を張って、その中にコンテナを入れて置きます。あまり深く水を入れすぎると根腐れを起こす危険性があります。
または、コンテナより高い位置に水を入れた容器を置き、布をコンテナの土の上に垂らしておく方法もあります。 ペットボトルを利用した簡易<strong>水やり</strong>器 最近では、ペットボトルを利用した簡易な給水装置も販売されていますので利用できます。また、かなりの長期間となりますと、本格的な自動灌水装置を購入して利用すると便利です。これがあると、留守でなくても自動的に時間が来ると水撒きをしてくれるので便利といえば便利ですが、水遣りが趣味の人には不要でしょう。


○冬場、留守中の水遣りはどうする。

夏と異なり、日のあたらない場所に置いておけば、1週間程度は留守にしても大丈夫と思われます。

自動灌水装置について

自動灌水装置には、タイマー式のものと土壌水分センサー式のものがあります。タイマー式は設定時間になると自動的に灌水しますが、雨が降っていようがおかまいなしです。水分センサー付きのものは、土壌中の水分がなくなれば自動的に灌水しますのでちょっと賢いです。どちらも、電池式のものもあるので、ベランダバルコニーに電源がなくても利用できます。また、水源は、水道に直結するタイプと、タンク付きで水を貯めておくものとがあり、スロップシンクなどがなくとも利用可能です。タンク式の場合は、灌水する鉢の数や、留守にする日数に応じてタンクの大きさを検討しておく必要があります。因みに、10鉢程度で1週間留守にする場合ですと、18〜20リットル程度の水が入るタンクが必要です。
簡易給水器は、ペットボトルに水を入れて、口に特殊なノズルを付けて植木鉢の土の中に差し込むだけで、土壌中の水分がなくなると水が出る仕組みになっています。電源も水道もいりません。ペットボトルだけでなく大きなポリタンクも利用できます。ただ、このノズルは1鉢に1つ必要で、1鉢毎にペットボトル等をセットする必要があります。

・Nationalベランダ,テラス用自動水やりタイマー EY4200-H
大容量18Lの水タンク付。タンク貯容量18L(必要水量15L)。高さ39.7×幅38.6×奥行30.7cm質量2.4kg電源DC6V(単1乾電池4個別売)。点滴ノズル2セット(ノズル数5本/セット)付
・自動水やり セフティ3 SAW-1
芝生、鉢、プランター、花壇、菜園への水やりに場所と用途に合わせて水まきができます。外出時も安心の自動水やりタイマー付きで芝生から鉢植えまで植物に合わせて、しっかり水やりできます。

自動水遣りの概念図

・タカギかんたん水やりタイマー(スタンダード)
タイマー予約で決まった時刻に決まった時間だけ、自動で水やりができます。留守や旅行中の水やり、また毎日の水やりが大変という方に最適です。
・タカギかんたん水やりタイマー(水分センサー付)
設定時間に土壌中の水分量を検出し、水分量が設定値より多い場合(雨天時など)は散水を中止します。
・藤原製作所 簡易水やり器 FV-487型
電気や水源の設備がない場所(ベランダなど) でも、かん水管理ができます。水を入れる容器は形状や容量の制限がないので、ペットボトルなどの再利用が可能です。より大きな容器を使うことにより、長期間の連続かん水も可能です。

○底面給水鉢・プランター、底面灌水鉢

底面灌水鉢のしくみ 簡易給水器と鉢が一体化したようなものです。鉢の下部に水を貯める中底が付いており、鉢土と貯水中底に貯められた水は、フェルト状のヒモでつながっており、それを伝って水が鉢土に染み込むようになっています。植物が吸い上げた分だけ、毛細管現象で下から水が上がって来るので中底の水さえ切らさなければ、水切れが起こりにくいわけです。なお、常に、土が適度に湿った状態になるので、根の発達は今ひとつで時には根腐れを起こすこともあります。また、土の表面に肥料分が蓄積しやすいので、ときどき鉢土の上から水をたっぷりやり、肥料分をを下へ押し下げる必要もあります。中底のタンクの大きさは様々なものがあり、6リットルも貯められるものもあり、これであれば1週間程度水遣りをしなくても大丈夫です。

・組立式底面灌水プランター:ボーラ42ホワイト
イタリアで作られた樹脂性の大型プランター。底面灌水装置付きで、吸水パイプから水を入れれば底面に水がたまり、植物に自動灌水されます。大きさW42 x D42 x H43cm、重さ5.5s。
・組立式底面灌水プランター:ボーラ100ホワイト
イタリアで作られた樹脂性の大型プランター。底面灌水装置付きで、吸水パイプから水を入れれば底面に水がたまり、植物に自動灌水されます。大きさW100 x D42 x H43cm、重さ10kg。
・自動給水植木鉢
自動<strong>給水</strong>鉢 電気も電池も使わずに、自動で給水するという植木鉢です。1ヵ月分を貯水するので、毎日の水やりの心配がありません。内容器を回してはずし、水を補充し再び内容器をセットします。内容器と外容器の間(貯水部)を密封することで、給水孔からは常に一定(水位1〜2mm)の水が供給されます。


<関連記事>
ベランダ&バルコニーの日照・風・水はけについて
ベランダ&バルコニーにおける植物のメンテナンス
コンクリート床は濡らしても大丈夫?
スロップシンクとは?
屋外用コンセントはあると便利ないと困ることも!
排水溝が詰まってませんか?
暑く寒く乾くおまけに風もきつい
向き、時間、場所によりづいぶん差がある日照
雨の影響
管理規約をもう一度確認
ベランダ&バルコニーに適した植物リストをプレゼント


【大型通販サイトで検索してみる】
まずは Yahoo!ショッピング通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは Amazon.co.jp通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは あきらめないで 辛抱強く 楽天市場通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは 自分でDIYしましょ!!

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。