植物にも栄養(肥料)をあげないと

○植物を構成するもの

人は60〜70%が水植物は人間と同じく、その大部分が水で構成されているそうです。
その残りの部分は、16の元素からなり、このうち炭素(C)、酸素(O)、水素(H)の3元素で90%をしめており、これらは植物自らが自然界の空気や水から吸収できます。
残りの13元素につても、自然界から若干は供給されますが、環境によっては欠乏しがちなものが多々あります。
こういったものを必要に応じて与えてやるのが肥料というわけです。
植物を構成するもの

○大事な三要素

土壌中で不足しがちな元素としてあげられるのが、チッ素(N)、リン(P)、カリウム(K)です。これは、肥料の三要素と呼ばれています。

チッ素(N)

植物にとって最も影響が大きな要素で、微生物・菌によって形態が変化(有機態チッ素アンモニア態チッ素硝酸態チッ素尿素態チッ素)して根や葉から吸収されます。
植物のタンパク質の構成成分で、生育、養分吸収、同化作用を促進します。
欠乏すると、葉色が淡黄色になり、生長が鈍り、小型化します。<strong>肥料の三要素</strong>(N・P・K)の効用
逆に、過剰になると、葉色は濃くなり、茎や葉が増え、繁茂状態になる。そして、病虫害や寒さに対する抵抗性が落ちてしまいます。

リン酸(P)

養分の吸収や、エネルギーの伝達に関与して、茎葉や根の伸長、開花、結実を促進します。
欠乏すると、葉色が暗緑色、赤褐色、青銅色になり、葉が小型化する。また、茎は細く、根は未発達、着花は減少し、開花結実は遅れます。過剰になることは少ないが、生育不良を起こし、亜鉛マグネシウムの吸収が阻害されます。

カリ(K)

タンパク質の合成、酸素活性、細胞の伸長、光合成などの機能に関与して、暑さ寒さなどの環境に対する抵抗力や、病虫害に対する抵抗力を高めます。
水によく溶け直ぐに排出されてしまうので、保水性・保肥性のよい土壌が必要です。
欠乏すると、葉の中心部が暗緑色、先端や縁が黄色化し、病虫害の被害を受けやすくなります。過剰になると、カルシウムマグネシウムの吸収が阻害されます。

○次に大事な中量要素二次要素

この三要素の次に重要な元素としては、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、イオウ(S)があり、中量要素あるいは二次要素と呼ばれます。

カルシウム(Ca)

細胞分裂や細胞伸長に関与して、細胞壁、細胞膜を安定化させます。
欠乏すると、葉の縁が未発達になる。過剰になると、マグネシウムカリホウ素等の吸収が阻害されます。

マグネシウム(Mg)

クロロフィル葉緑素)の中心的な元素で、酵素の活性化を促します。
欠乏すると、古い葉の葉脈の間が黄色くなります。過剰になると、カルシウムの吸収が阻害されます。

イオウ(S)

タンパク質やアミノ酸、ビタミン類の構成元素です。
欠乏すると、葉が小型化し、成長が悪くなります。過剰になると、酸性化が進みます。

植物に必要な残りの7元素は微量要素と呼ばれ、鉄(Fe)マンガン(Mn)銅(Cu)亜鉛(Zn)モリブデン(Mo)ホウ素(B)塩素(Cl)です。

○植物は養分をどうやって吸収するか?

植物は、これらの必要な元素を含む養分のほとんどを、根の根毛を通して吸収します。
吸収する際には、土壌の酸度(pH)や周りの温度に影響を受け、適正な酸度や適正な温度以外での過剰施肥は根腐れの原因になります。
また、養分の吸収は根だけではなく、葉からも吸収し、葉面散布された養分は、葉のクチクラ層を通じて内部に入ります。
最適な吸収温度は18〜22℃程度で、微量要素の散布も効果があります。

肥料の種類

それでは、これらの要素を含んだ肥料にはどのようなものがあるのでしょうか。
肥料は、科学的な組成により、有機肥料化学肥料に分類することができます。
そして、チッ素リン酸カリの1成分だけを含む化学肥料単肥といい、2成分以上を含む肥料複合肥料化成肥料)といいます。

有機肥料

植物性(油粕草木灰など)及び動物性(魚粕牛骨粉牛糞鶏糞など)の有機物を原料にした肥料です。
非常に自然で安全なようですが、反面、臭いや虫がいたりします。
微生物が分解した後に根から吸収されるため、効き始めるのが遅いですが、その後ゆっくりと効き続け、やりすぎても大きな障害にはなりにくいので安心です。
また、微量要素などの様々な成分を含んでいて便利です。主なものは以下のとおりです。

油粕):植物の種から油を搾った後に残る粕で、チッ素分が多い。<strong>油粕</strong>一般的には、遅効性肥料。発酵の過程で根に有害な熱やガスを発生するため、根に直接触れないようにする。
発酵済みの発酵油粕もあり、こちらは速効性
菜種粕(油粕
安心して全ての農作物にお使いいただける環境にやさしい肥料です。窒素5.3:リン酸2.0:カリウム1.0

<strong>草木灰</strong>草木灰):草木を低温で焼いた炭で、カリ分を多く含む。アルカリ性で、土の酸度調整にも使える。
草木灰
自然の草木を燃やした灰で、カリウムと石灰分を含んだ肥料です。アルカリ性なので、使いすぎには注意しますが、酸性土壌を中和するのにも使用します。

骨粉):動物の骨を蒸して粉砕したもので、骨粉リン酸分を多く含んでいる。通常は、油粕などと混合させて使用する。
骨粉 ツブ
ブタの骨を蒸してから粉砕して焼いたもので、リン酸分が非常に多く含まれています。花や実のなるものに与えてください。

鶏糞):鶏の糞を加熱・乾燥させたもので、リン酸カリ分を多く含んでいる。<strong>鶏糞</strong>熱とガスが出るので、根に触れないように与える。また、臭気もきつい。
醗酵鶏糞
効果はゆっくりと持続的で野菜、果実、花、観葉植物などに適しています。チッ素は少な目ですが、リン酸カリ分が多く、バランスの良い肥料です(野菜、果実、花、観葉植物)。水分を含むと特有の臭いを発しますので室内での使用はお控え下さい。

<strong>魚粕</strong>魚粕):魚を乾燥させて粉砕したもので、チッ素分とリン酸分を多く含むが、カリ分は含まれない。臭いがきつい。

有機配合肥料):数種類の有機肥料を混合して、お互いの欠点を補い、長所を生かしたもの。ほとんどが遅効性で、微量要素を含んでいる。
有機配合肥料7‐6‐5
植物の色と果実の味を良くする有機質入りの肥料です。早く効いて持続性があります。N7-P6-K5
有機配合肥料(粉末)
配合比率はN(窒素)、P(リン)、K(カリウム)、5,6,5です。
有機配合肥料 カルゲン入(ザウルス)
花を美しく、野菜をおいしく。チッソ6-リンサン6-カリ-6。油粕、骨粉、魚粕等の有機質肥料を主原料に速効性化成肥料を配合することで速効性があると同時に持続性もある。
カルゲンとは、太古の昔に海水中の石膏分(カルシウムイオウ)が沈殿凝固して鉱石となり、地表や地層で層をなしているもので、これを原料に植物の肥料(ミネラル・栄養=天然カルシウム)や土壌改良剤として用いられている。(受け売り)

化学(無機)肥料

化学的に合成された肥料で、有機肥料に比べ、速効性で効果が大きいのが特徴です。
また、構成成分量がはっきりしているので施肥量の調整がやりやすい。反面、量を間違えて過剰に与えたりすると、すぐに障害がでてしまう恐ろしさもあります。
化成肥料8-8-8
元肥追肥のスタンダード。最も基本的な化成肥料です。植え付け直後から、成長に合わせてゆっくりと効きます。無臭で清潔、根に触れても安心の肥料です。

○効き方による肥料の分類

また、効果の早さや持続性から、緩効性肥料遅効性肥料及び速効性肥料に分けることができます。

緩効性肥料(錠剤状、球状、粒状、スティック状)

長期間効果が持続する肥料のことで、中には2年以上も持続する肥料もあります。
水に溶けにくい成分を使用したり、錠剤や粒剤に固形化して徐々に溶けるよう工夫されています。
有機スティックタイプ<strong>肥料</strong>
緩効性肥料IB肥料
緩効性の大粒肥料です。少しずつ溶け出し、緩やかに効きますので根をいためず、肥料の効きすぎや肥料切れの心配もありません。シクラメンや洋蘭、観葉植物、花木や果樹類などに使用できます。
緩効性化成肥料 ガーデンボール
早く効きはじめ、ゆっくりと1〜2ヶ月続きます!ゆっくり長く効くので葉がしっかりとし花の色やつやが良くなります。悪臭がありません。窒素10・燐酸10・カリ10・苦土1
ハイポネックスのガーデンマイスター緩効性粒状肥料
観葉植物、草花、花木まで、どんな植物にも使えます。NーPーK−Mg-B=10-14-9ー2ー0.05。各種アミノ酸やミネラルを豊富に含む有機入り緩効性肥料で、花着き、実着きを良くします。また、ホウ素が植物体内の働きを活発にして生育を良くします。すぐに効く成分と、ゆっくり効く成分がバランス良く含まれ、安定した効果が1〜2ヶ月持続します。

<strong>ペレット状肥料</strong>

遅効性肥料(固形、荒い粒状、粉末状、ペレット状)

有機肥料などはだいたいがこの分類に入ります。
土壌中の微生物の働きで分解された後に根から吸収されるので、初期の効果は望めませんが、後々、効き始め、長期間効果が持続します。

速効性肥料(粉末状、液状、スプレー状)

水に溶けやすく、施肥後直ぐに効果が現れますが、持続性はありません。液体の化学肥料などに多く、定期的に短い周期(1〜2週間)で与えます。濃度を薄くして、回数を多くするのがコツです。
園芸肥料 速効性 微粉 ハイポネックス
様々な植物の組織を強健にするカリ(K)成分を多く含んでいます。病害虫・寒さ・厚さへの抵抗力をつけます。日光不足などの室内に弱った植物の生育を促進します。植え替え・剪定後の樹勢の回復や露前や秋などには特に効果的です。
速効性カリ肥料
花はより美しく!作物の葉はより鮮やかに!根の発育が抜群です!

<strong>肥料</strong>の効き方をグラフ化

○成分比率の違いによる肥料の使い分け

お店で肥料を購入する時、その説明に、N−P−K=5−10−5
というような暗号を見たことがありませんか。
これは、肥料100g中に、三要素であるチッ素(N)リン(P)酸カリ(K)がそれぞれ、5g(5%)、10g(10%)、5g(5%)含まれていることを示しています。
そして、この3つの要素の配合比率の大小を模式的に表現することで、その肥料の種類や使い方を直感的に理解することができるようになっています。

N-P-K(3要素)の配合比率の大小を模式化

肥料の与え方について

それでは、肥料をどのようにして植物に与えるのが効果的なのでしょう。
肥料の成分のうち、チッ素(N)カリ(K)は、水に溶けて土壌中を移動して、植物の根から速やかに吸収されていきます。
一度に多くの肥料を与えると、土中の養分濃度が高まり、根は水分を吸収できなくなり、逆に水分が奪われ肥料やけという現象に陥り生育に悪影響がでます。
多くを与えず不足気味の方が健全に育ちます。適度の量を何回かに分けて与えるほうが効果的です。
また、植物の生育過程に応じて、様々に肥料の成分比率を変化させて与えることも重要です。

基本的には、
栄養生長期前半(一番花が咲く前):下がり型チッ素(N)の成分の多い肥料を与えます。
栄養生育期後半〜生殖生長期(花が咲き実がなる時期):山型リン(P)酸の成分が多い肥料を与えます。
生殖生長期終了後上がり型の、N、P、Kの順番に成分の多い肥料が向きます。

生育過程に応じて<strong>肥料</strong>の成分比率を変える

元肥(もとひ、もとごえ)

種まき時や、苗木を植えつけたり植え替えたりするときに、前もって土壌に混入しておく肥料のことを元肥と呼びます。
元肥は、効果が長く続く緩効性あるいは遅効性肥料を使用します。
肥料の成分比率は、三要素が同率の水平型か、リン酸を多く含む山型が良いでしょう。コンテナでは、緩効性の粒状化成肥料が良く使われます。

寒肥(かんぴ、かんごえ)

庭木、花木、果樹などが、冬季に休眠している時に与える肥料のことで、一種の元肥ともいえます。
樹木の周りに穴や溝を掘って、遅効性有機肥料などを与えます。
春の新芽が出るころまでに分解されて、植物が吸収しやすくなります。
寒肥有機肥料
堆肥の主成分である草炭を配合しているので、土壌有機物で土をやわらかく保ち、植物が育ちやすい環境をつくります。春からの生長のために秋から冬に与える肥料寒肥(かんごえ、かんぴ)”。根の張り、保肥力を高め、土壌を健全にします。窒素5:リン酸6:カリ1

追肥(ついひ、おいごえ)

生育期間の長い植物は、元肥だけでは養分が不足してしまいます。
そのため、生長に応じて肥料を追加してあげることが必要です。これを追肥と呼びます。
追肥に使う肥料は、速効性のある液体の肥料や、速効性緩効性を兼ね備えた肥料が良いでしょう。
成長期には、株の充実を図るためにチッ素成分の多い下がり型や、各成分均等の水平型のものが良いと思われます。
生育の後半期には、花や実のつきを良くするためにリン酸カリの成分を多く含む上がり型の肥料を与えるのが良いでしょう。
コンテナでは、錠剤や粒状の緩効性化成肥料を土の上に置いたり、液体肥料を与えたりします。
元肥を使用した場合は、3〜4週間後ころから追肥を与えます。
元肥なしの場合は、2週間後ころから与えます。
置き肥は、1〜2ヶ月ごとに、液体肥料は、1〜2週間ごとに与えます。
置き肥は場所を変えて、液体肥料は濃度薄めにたっぷりと葉にかからないように与えます。
いっぱいの花を長期間つぎつぎと咲かせます 追肥
土に置いて使う肥料。無臭で清潔なので、室内で使用できます。

お礼肥芽出し肥(おれいひ、おれいごえ、めだしひ、めだしごえ)

花や果実の時期が終わり、体力を補うために与える肥料お礼肥です。
また、新芽のころに与える肥料芽出し肥といいます。
どちらも、追肥の一種で速効性肥料が使用されます。
芽出し肥は、芽が出た後、丈夫な株に早くなるように、チッ素成分の多い山型肥料を与えます。
また、お礼肥は、主に花木、果樹、球根に与えます。

活力剤について

活力剤は、主に、微量要素マンガン亜鉛モリブデンホウ素塩素)の補給に使用されます。
微量要素は植物にとって微量しか必要ではありませんが、ゼロでは生育できません。
人で例えると、ビタミンのようなものです。
花や葉の色が冴えない場合や、植え替え時や夏の終わりの体力強化などに使います。
活力剤は、肥料にも農薬にも分類されず、法的には規制がありません。そのため、なかにはひどいものもあり、ほとんど効果のないものも存在します。
また、活力剤にも様々な種類があり、低濃度の肥料成分を含むもの。あるいは、まったく肥料成分を含まないものがあります。
そもそも、趣味を目的として使用する肥料は、肥料取締法という法律のなかで家庭用園芸肥料として位置づけられ、チッ素リン酸カリをそれぞれ0.1%以上、いずれか2成分以上の合計量が0.2%以上のものを肥料と呼んでいます。
よって、この基準以下のものは、肥料としては認められず、「肥料」、「栄養」、「肥効」などの字句を使用することも許されません。
ということですので、活力剤肥料ではないので、肥料の代わりになるものではありません。
あくまでも、補助的な役割であることを認識して使用してください。
形態は、土に差し込むアンプルタイプ、薄めずにそのまま散布するシャワータイプ、スプレータイプの葉面散布用などの多くの種類があります。以下に、微量要素の主な働きについてまとめました。

微量要素の主な働き
微量要素名(元素)主な機能主な欠乏症状
鉄(Fe)葉緑素の生成に関与。若い葉から葉脈間の黄白色化。生育不良。生育遅延。
マンガン(Mn)光合成葉緑素形成などに関与。葉脈の黄化。生育不良や生育遅延。着花不良、病害発生。
銅(Cu)酸化還元反応、炭水化物やタンパク質の代謝に関与。果樹の枝枯れ、若いシュートの萎縮、先端の枯れ、葉の黄化。
亜鉛(Zn)タンパク質合成、酵素活性反応、細胞壁に関与。成長速度に影響。節間の伸長不良。古葉から葉脈間の黄白色化。細根の発育不足。
モリブデン(Mo)チッ素代謝、タンパク質合成に関与。酸化酵素の構成元素葉の萎縮症状や変形、葉脈間の黄化。矮性化。
ホウ素(B)タンパク質合成、細胞分裂、根の伸長、開花、着果、種子形成に関与。茎や生長点の枯死。根の伸長不足や根腐れ。開花、着花の不良。
塩素(Cl)光合成に関与。でんぷんの合成にも関与。葉の黄化、葉の先端のしおれ。


アンプル<strong>活力剤</strong>メネデール(園芸用活力剤
メネデールは植物に必須の要素であるを2価のイオン(Fe++)として含みます。植物の光合成機能を高めるとともに諸種の植物ホルモンを活性化します。

天然植物活力液
杉、桧、松、オオバコ等の抽出エキスで、水で薄めて植物に散布します。葉や花の色艶がよくなり、樹勢が向上します。野菜や果物に散布すると食味が増し、また収穫量も3割増えるといわれています。

木酢液の簡単元気スプレー
葉っぱや土にスプレーするタイプの活力剤です。虫や病気を予防する500倍希釈の木酢液と、植物に必要な栄養素チッソリンサン・カリを含むので、葉にツヤ、土に栄養を与えながら植物や花を元気にします!4〜5日毎に、葉・茎は、したたり落ちない程度にスプレーしてください。土壌には、たっぷりスプレーしてください。

ニームの木ニーム活力液 ビビフィー
ニームオイル入り植物用活力液。野菜や花を強く元気に。尿素が植物の色つやをアップ。農薬ではないので室内でもお子様がいてもOK。1週間に1回ほど葉や茎に散布する。 

HORIBA コンパクトTwin ECメータ
平面センサ採用で、わずか一滴のサンプルで導電率が測定できるコンパクトな導電率計です。雨の汚染度チェックのような微量サンプル測定から、農業でのEC測定における浸漬測定も自由自在の一台二役。


<関連記事>
ベランダ&バルコニーにおける植物のメンテナンス
どんな植物を選んだらいいのかな?
どんな植え方や飾り方があるんだろうか?
人間も植物も水がないと生きられない
土を制するものはガーデニングを制する
ベランダ&バルコニーに適した植物リストをプレゼント


【大型通販サイトで検索してみる】
まずは Yahoo!ショッピング通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは Amazon.co.jp通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは あきらめないで 辛抱強く 楽天市場通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは 自分でDIYしましょ!!

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。