■カテゴリー:ベランダ&バルコニーグッズ>化粧砂利類

   カテゴリー内の記事一覧(5件づつ表示)

ベランダ&バルコニーで使う化粧砂利類

ベランダバルコニーで使う化粧砂利<strong>化粧砂利</strong>1
化粧砂利には、日本古来から造園に使われてきた玉砂利と、最近海外から入ってきた洋風の砕石に分けられます。
玉砂利は、一般的には少し大きめの直径30〜40mm程度の角のない丸い天然石で、様々な色目と美しい艶があります。
それに対して、洋風の化粧砂利は、一般的には少し小ぶりで15〜30mm程度の直径で、砕石ですのでややゴツゴツしており、光沢もあまりありません。
ただ、色目は様々なものがあるので、タイルやテラコッタの色に合わせやすく、多くの場面でいい雰囲気を演出してくれます。

玉砂利・敷き砂利
取扱の玉砂利は、市販のものより硬度のある岩を砕石し、丸くした国産のもの。また、フィリピンや中国で手拾いしたものです。(海岸や川で年月を経て丸くなったもの)
nature-stone
自然石専門店が提供する多種多様な砂利。用途や利用シーンに合わせて選べる。

使い方は、タイルやウッドデッキパネルを敷いたときにできる中途半端な壁との空間や、室外機等が置かれている周辺に敷き詰めることで格段に美しく仕上がります。

<strong>五色玉砂利</strong>コッツクラッシュまた、ベランダバルコニーの全面にタイルやウッドデッキパネルを敷き詰めてしまうと、少し息苦しさを感じる場合があります。
そうした時に、ポイント的に化粧砂利のエリアを設けてやることで、息苦しさを解消してくれます。ベランダバルコニーには、一戸建てのような土のある庭が造れませんが、化粧砂利が土の役目を果たしてくれます。

<strong>化粧砂利</strong>2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関連記事>
あなたならどんな風に使いますか?
ベランダバルコニーは共用部分であり自分のものではない
元通りに復元でき本来の機能を阻害しないのが基本条件
ベランダバルコニーDIYは超簡単
ベランダバルコニーの基本アイテムは?
ベランダバルコニーの許容重量について
ベランダバルコニーの各部位をよく観察しましょう
ベランダバルコニーの条件を確認してデザインに生かす
コンクリート床に重たいものを置いても平気?
排水溝が詰まってませんか?
避難用の経路だったとは!
生活の幅が広がるもう一つのリビング(アウトドアリビング)
雨の影響
虫とか鳥の襲来もあり
ベランダバルコニーの掃除は結構大変!
素足でも出られるようにしたい
管理規約をもう一度確認
ベランダバルコニー用タイルの種類と施工
タイルを使った床のデザイン例
ベランダバルコニー用ウッドデッキパネルの種類と施工
ウッドデッキパネルを使った床のデザイン例
素敵なファニチャーをピックアップ
ベランダバルコニーで使える日よけグッズをピックアップ


【大型通販サイトで検索してみる】
まずは Yahoo!ショッピング通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは Amazon.co.jp通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは あきらめないで 辛抱強く 楽天市場通販サイトで探してみる
それでもみつからないときは 自分でDIYしましょ!!

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。